2017年04月12日

【耳がイイってどういうこと?part6】

【耳がイイってどういうこと?part6】


遠くて広いソナーをオンにしたまま歌うことによって、
情報が《深く》聴こえるようになり、
聴くチカラと歌うチカラはドンドン磨かれていくわけですが、いくつか気をつけることがあります。

一つは、

話し声では出さないような高い声や大きい声を出したり、
身体にチカラを入れすぎたり、
感情をあまりにも込めすぎると、、、

《ソナーのエリアが一気に小さくなったり、場合によってはソナー画面自体が消えます》


人間の感覚器官は極度に緊張したり、
感情的になったりすると、

【見る・聴く・感じる】

というチカラが弱まり、
自分を取り囲んでる世界を一気に狭め、
身体に入ってくる情報を少なくしてしまいます。

その状態でいくら考えるチカラを働かせても、情報量が少ないので解決の糸口が見つけられず、パニックになったりもします。
これがいわゆる
「あがる」「真っ白になる」「リキむ」
という状態です。


でも、歌う時は高い声も出しますし、感情を込める事も必要です。

大切なことは何度もトライしながら、狭まろうとする自分の世界を、さらに広げていく意識を高めていく事です。


私が言う言葉はとても抽象的です笑

「しっかりと目にチカラを宿して、声を出して、自分の世界を広げるんですよー(⌒▽⌒)」

これだけ。(⌒▽⌒)

世界がとっても広く感じられたら、
その人の歌声はあっという間に、
自由に輝きはじめます(⌒▽⌒)
posted by kim at 18:49| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
演奏している人の奥の壁の方へ意識を集中するようにして聴きました。
私の場合、1つ1つの楽器の音がいつもよりも、鮮明になり、抑揚などもわかりやすかったです。
本当は、どう聴こえるとよかったのか、先生がレッスンでお話しされていましたが、忘れました。
YOU TUBEを聴いたので、ライブだとどうなるのか、試してみたいです。
Posted by 中里 文恵(川越) at 2017年04月16日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。