2016年02月28日

メッセージの感じ方

私はハジメマシテのレッスンの時、

「タメシに〜してみましょう!」

とよくお伝えするんですが、
この時、その方のカラダの動きや声で、そのメッセージをどのように受けとったかを視てたりします^_^

結果はどうであれ、カラダが躍動して、動きが大きくなる方は
「〜してみよう!^_^」
と受けとった方です。

対してカラダが力んだり、硬くなったり、動きが小さくなる方は
「〜しなくちゃ(>_<)」
「どうやるのかしら?こうかしら?」
と受けとった方です^_^


その上で、更に
「もっと〜してみましょう!^_^」
とお伝えします。


そうするとまた、
「よし!もっと〜しよう」
と受けとる方と、
「あれ?出来てないのかな?違うのかな?」
と受けとる方に分かれていきます。


歌のチカラにおいて、これってケッコウな差が生まれちゃいます^_^


「〜しよう!」という思考は【意欲】なので、アタマとカラダに遊びゴコロをもたらして、自由にしてくれます。こうなると感受性が高まって変化を恐れなくなります。
これを貫けたら、ある程度のレベルまではスンナリ行けます^_^

「〜しなくちゃいけない」という思考は一つの【制約】なので、自分でルールを作ることになります(>_<)
こうすると、アタマとカラダは少し硬くなってしまって、カラダの変化に対して臆病になります。
感受性を自分で封じてしまうんですね^_^


これをもう少し深めると、

「〜しなくちゃいけない」という方は、正しいor正しくない、という【答えを求めて探す思考】

「〜しよう」という方は【答えはないので探さない思考】

という部分が視えてきます。

私はよくレギュラーのゴスペルレッスンやヴォーカルレッスンで
「正しいや間違いという答えのあるものに働くのが、理解するチカラやわかるチカラ。
歌には、歌詞や音程、リズム以外《わからないもの》がほとんどなので、それはあまり使えません^_^
なので、わからなくてイイんだ、自由なんだ、と《まずは》思ってみてください」

とお伝えします^_^
すると、理解しようという意識から、感じようとする意識が働きはじめて、声やカラダを柔らかくしてくれます。

感じるチカラは、わかろう、覚えよう、出来るようにならなきゃ、という理解を横に置いたときに、ヒラキはじめます^_^

どんなときも、自由な心で歌いましょう\(^o^)/
posted by kim at 12:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。